定期保険を活用していくには

アップデート: 2014 年 7 月 29 日

近年、非常に販売が伸びている生命保険契約として定期保険が挙げられます。
定期保険とは、一定期間保険会社から特定の保険事項について保障されるという契約を言います。
そして、このような定期保険が販売数を伸ばしているのは、その保険料が非常に安いということを原因としています。
保険契約とは、一般的にその保険料が高額であり、それが継続することから、家計に対して与える負担は非常に増加することになります。
また、この保険契約については、保険事項が発生していない限り金額を受け取ることができないことから、利益が発生しずらいという性質を有しています。
したがって、その保険料の負担が低い定期保険については、非常に合理性を有しているということができます。
もっとも、この保険契約については、重要な注意点が存在しています。
それは、定期保険については、保険期間が一定期間に限られていることから、その保険期間が経過するまでに保険事項が発生しない場合には、その支払った保険金が無駄になるという点です。
したがって、安易な不安から当該保険を締結した場合には、損害が生じる可能性があります。
そのため、定期保険を締結する場合においては、事前に計画を立てることが必要となります。
具体的には、肉体労働などの生命や身体について故障する可能性がある職業に従事している場合には、保険機関において死亡その他の保険事由が発生する蓋然性があるということができることから、定期保険に加入する必要があるといえますが、知的労働などの生命身体に対して重大な故障が発生する可能性が比較的低い職業を行っている場合には、保険事由が発生する蓋然性が低いということがいえるため、これを購入することは合理的であるということができません。
また、資産運用の方法として保険を利用しようとされる場合には、一定期間経過とともに保険契約が抹消される定期契約を締結することは合理的であるとはいえません。

コメントは受け付けていません。
TOP